デッキ情報

バージョン :
2.22
デッキ名 :
月極6月 パキケスライ
作者名 :
cheese
コメント :
貫通 速攻 BS てんこもり

デッキ内容(カード一覧)

炎のクリスタル
5
闇炎鉱
4
黒赤損害水晶
3
火炎の宝石
1
無謀な格闘家
2
溶岩巨人
3
猪の戦闘バギー
4
赤色土偶
2
怒り狂うパキケファロサウルス
4
幽霊兵招集
1
キルリアンのオーラ
1
シルバーバレット
1
焼却
3
火炎放射
3
パキケファロサウルスヘッドクラッシュ
3
 
デッキ枚数 : 40枚
16 15 0 0 0 2 7
Crystal : 13枚 (32.50%)
Summon : 15枚 (37.50%)
Sorcery : 3枚 (7.50%)
LandSpell : 0枚 (00.00%)
BattleSpell : 9枚 (22.50%)
Crystal 炎のクリスタル 5
Crystal 闇炎鉱 4
Crystal 黒赤損害水晶 3
Crystal 火炎の宝石 1
Summon 無謀な格闘家 2
Summon 溶岩巨人 3
Summon 猪の戦闘バギー 4
Summon 赤色土偶 2
Summon 怒り狂うパキケファロサウルス 4
Sorcery 幽霊兵招集 1
Sorcery キルリアンのオーラ 1
Sorcery シルバーバレット 1
BattleSpell 焼却 3
BattleSpell 火炎放射 3
BattleSpell パキケファロサウルスヘッドクラッシュ 3

デッキ解説

【デッキ概要】
 直前まで入院していてほとんどデッキを考えてなかったんでほぼ即席デッキです。ハニバープレスを想定してバトルスペルをたっぷり盛り込んでおります。

・全てのカードがコスト5MP以下で占められているため、クリスタルは13枚と少なめにしてあります。初手パキケ、または2ターン目猪の戦闘バギースタートができる手札が理想ですが、やはり2属性クリスタル13枚の速攻デッキは事故が頻発します。マリガンの判断は慎重に。
・クリーチャーはアクティブインもしくは貫通を持ったもので揃えました。序盤にパキケとバギーでHPをできるだけ削り、中盤以降は相手の隙を見計らってバトルスペルや無謀な格闘家で勝負を決めてしまいましょう。特に土偶から格闘家を呼び出して攻撃やパキケファロサウルスヘッドクラッシュによるダメージ上乗せが奇襲性が高く、最後の一押しにとても有用です。
・バトルスペルは火炎放射・焼却・パキケファロサウルスヘッドクラッシュを各3枚、計9枚とがっつり詰め込んでおります。火炎放射は闇や炎のビートダウンミラーマッチを、焼却はハニバープレスを想定しての採用です。パキケファロサウルスヘッドクラッシュは貫通持ちとの相性がすこぶるよく、特に溶岩巨人との相性は抜群で、除去BSを読んだ相手の2体Atk3クリーチャーブロックを蹴散らすこともできます。また先手がつくので風のパンプアップ系BSとの打ち合いにも強いです。ただBSは奇襲性が高く便利な反面、腐ってしまう場面が多々あるので頼りすぎは禁物です。
・幽霊兵召集はハニバーや風相手のブロッカーもしくは終盤の一押しのための採用でしたが、10人と戦って活躍した場面はゼロでした。他のクリーチャーに差し替えるか、ロボトミー殺人事件や劣化マグネシウム弾のような1枚刺しソーサリーに変えた方が良かったと思います。

【大会感想】
 今回は遅刻せず参加することができ、8勝2敗で久々に1位を取ることができました。印象に残った試合は飛島さん戦での対ハニバープレスで思惑通り焼却でハニバーを焼き尽くして勝つことができた試合と、kakkoさん戦での対荒野コックローチで相手残りHP3の場面で最後の総攻撃を仕掛けたときにドローストックからまさかの3枚目4枚目の突然死を引かれ逆転された試合です。やはりBSはほぼ回避不能でかつ相手の計算を狂わせることができ、非常に便利なカードだということを再確認した大会でした。また、今回は初参加や久しぶりに参加して下さった方が多く、使用されたデッキも斬新なものが多くとても楽しく試合をすることができました。月極は残り1回となりましたが、最後のサイドボードトーナメントでもたくさんの方が参加してくださると嬉しいです。

このデッキ情報を編集

編集用パスワード