デッキ情報

バージョン :
2.24
デッキ名 :
スイッチングホード
作者名 :
RAID5
コメント :
FTT16出場デッキ

デッキ内容(カード一覧)

風のクリスタル
10
風誕の宝石
4
ヴァルキリー
4
竜巻巨人
4
風神の下僕
2
タスマニアデビル
3
狸親父
4
重ね鎌鼬
1
竹林の加速機
2
指導者の石像
3
超進化
3
 
デッキ枚数 : 40枚
14 0 0 26 0 0 0
Crystal : 14枚 (35.00%)
Summon : 17枚 (42.50%)
Sorcery : 1枚 (2.50%)
LandSpell : 5枚 (12.50%)
BattleSpell : 3枚 (7.50%)
Crystal 風のクリスタル 10
Crystal 風誕の宝石 4
Summon ヴァルキリー 4
Summon 竜巻巨人 4
Summon 風神の下僕 2
Summon タスマニアデビル 3
Summon 狸親父 4
Sorcery 重ね鎌鼬 1
LandSpell 竹林の加速機 2
LandSpell 指導者の石像 3
BattleSpell 超進化 3

デッキ解説

序盤の盤面を意識したホード
1ターン目に竹林の加速機もしくは指導者の石像で2ターン目にかならず2/2に勝てる盤面を作るようにしています。
タスマニアデビルは基本的に2/3で出るようにして小人系クリーチャーを止める役割や3ターン目の攻撃をしのぐ大事な役割をしてくれます。また相手がランドスペルを使えばコスト以上の働きが期待できます。
竹林の加速機と指導者の石像を分けた理由はこの切り替えを初手リドローでするためです。風シルフ系のデッキであれば竹林を出すことで有利に進めることができ、石像の場合では2ターン目ヴァルキリーや3ターン目竜巻巨人召喚、風誕のMP減の対応も可能です。反省点としてはバトルスペルが若干少なく突破力不足になりがちなところです。何も役に立たなかった風神の下僕をバトルスペルに変えるべきでした。

このデッキ情報を編集

編集用パスワード