home clan biography sites incident musium links  
                                                           
斯波氏
                                                 
足利二つ引
本姓    清和源氏(河内源氏)                                  
家祖 斯波家氏                                  
種別 武家                                  
出身地 陸奥国紫波郡                                  
主な根拠地 尾張国、越前国他                                  
著名な人物 斯波高経、斯波義将、斯波義敏、斯波義廉                          
分家・支流 大崎氏、最上氏、高水寺家、大野家など                        
                                                 
                                                 

斯波氏(しばし)は、武家のひとつ。本姓は源氏。家系は清和天皇の血をひく清和源氏の中の河内源氏の棟梁・鎮守府将軍源義家の子である義国を祖とする足利氏の有力一門。室町時代に幕府の三管領の一つとなった一族であり、越前・若狭・越中・山城・能登・遠江・信濃・尾張・加賀・安房・佐渡などを領した守護大名・戦国大名。また一門は奥州探題・羽州探題を代々歴任し、一時は九州探題・関東管領にも任じられた。

                                                           
斯波氏の成立                                                    

斯波氏は、足利家氏が陸奥の斯波郡(岩手県紫波郡)を所領としたことから斯波氏と称するのを始まりとする。ただし当初は足利氏を称しており、斯波を名字とするのは室町時代となってからのことである。
斯波氏初代とされる家氏は足利泰氏の長子であり、本来ならば足利宗家の後継となるはずであったが、生母が北条氏一門では非主流派の名越氏の出身であったため、北条得宗家の時宗の叔母が産んだ弟の頼氏が足利宗家を継承した。しかし、身分が鎌倉幕府の直臣たる御家人であることに変わりはなく、足利氏の庶流が足利家の家人になっていったのに対し、従来通りに足利の名字を称して一線を画した(庶流は細川、一色などと新たな家名を立てた)のである。 家氏の子孫は代々尾張守に叙任されたため、別名・尾張足利氏ともいう。尾張足利氏は足利氏一門の中でも、嫡流、三河足利氏(後の吉良氏)、と並び称される勢威のあった家で、足利氏本宗家当主が幼少の時は代役を務めている。このことから、後に室町時代には足利一門中最高の家格を誇る一族として重んじられた。
元寇以来、得宗専制に走った鎌倉幕府は次第に他の御家人を圧迫するようになり、社会に不満が溜まるようになる。後醍醐天皇は倒幕の綸旨を下し、大きな転換期を迎えた。当初、幕府方として後醍醐天皇の企てを阻止する側に加わっていた足利尊氏は次第に倒幕の志を秘めるようになり、一門の重鎮 吉良貞義に相談の上、朝廷側への寝返りを決行。斯波高経やその長男・斯波家長らも足利尊氏に従い、活躍した。その後、足利尊氏は武家を軽視する建武政権と袂を分かち、武家の支持を集めながら武家政権設立を目指す。とりわけ斯波高経は足利氏と同族で、鎌倉幕府を滅亡させた立役者である新田義貞を越前で討つなど活躍し、初期の室町幕府においては相当な勢力を持った。また、斯波家長は奥州総大将として南朝方の北畠顕家らと対抗し、自身は若くして戦死するも、その子孫は室町将軍家と同族という貴種性により奥羽一帯で指導的役割を果たすこととなった(奥羽における斯波氏については奥州斯波氏を参照)。

                                                           
武衛家                                                      
三管領の筆頭                                                     

武衛家とは斯波氏の嫡流、すなわち室町幕府の管領をつとめた家柄をいう。武衛とは兵衛督および兵衛佐の唐名で、当主が代々任ぜられたことに由来する。
斯波氏は室町幕府において、執事(後の管領)として任用されるようになる。しかし、幕府は将軍家の家政機関であり、将軍家とほぼ同列の格式を持つ斯波氏が幕府の要職に就くということは、将軍家より格下で臣下だということを認めることであった。事実、それまで足利氏の執事は臣下の高氏が歴代務めていた。そのため当初、斯波高経は臣下がなすべき執事への就任を渋っていた。しかし、結局は高経の子 斯波義将が執事に就任し、高経がこれを後見することとなった。
幕府の執政となった高経・義将親子であったが佐々木道誉の策謀により一時は失脚。高経死後に義将が幕政に復帰すると、管領の細川頼之と対立し、反細川派の勢力を結集し、3代将軍足利義満に頼之の罷免を求める康暦の政変で再び管領となる。
斯波義将は将軍・義満とともに室町幕府の全盛時代を支え続け、やがて義満の没後も将軍足利義持を補佐し、朝廷から義満に対する太上天皇の尊号を追号する事を拒否したり勘合貿易の廃止を提言するなど、康暦の政変から自身の死まで、およそ30年間に渡り幕府の宿老として大きな影響力を持った。
幕府において三管領四職七頭の制ができると、斯波氏は畠山氏、細川氏と管領を出す家柄として重んじられ、他の二家を抑えて三管領筆頭の家柄を有するに至った。斯波義重は1399年の応永の乱における大内氏討伐の功により越前国・尾張国の守護職を与えられ、後に遠江国守護も加えられ、以降斯波氏はこの三ヶ国の守護を世襲するようになる。しかし、義将死後は徐々に衰退への道をたどり、義将の甥である満種は1414年に将軍足利義持の不興を買い、加賀守護職を失って高野山に隠退。1409年に管領職を譲られた孫の斯波義淳もまもなく解任され、足利義教が6代将軍に就任するまで長い間、幕府から冷遇される事となった。

                                                           
混乱と衰退                                                    

斯波氏は家柄としては三管領の筆頭を誇り勢力も大きいことから嫡流も奥州に拠点を持った斯波氏の一門(高水寺斯波氏、大崎氏、最上氏、天童氏など)らも当初は大いに栄えた。しかし、中央においては細川氏が政治の拠点 畿内を抑え、畠山氏も畿内近辺に所領を有すのに対して、斯波氏の所領は尾張国と越前国という京都から遠い場所であり、また領地同士が分断されていた。当主は京に滞在していることが多いため、支配は守護代に委任せざるをえなかった。このため次第に領国の実権は朝倉氏や織田氏などの守護代、重臣らに牛耳られるようになっていった。応仁の乱の際にいち早く斯波氏が守護職をつとめる越前で下克上が発生するのはそのためである。
応仁の乱前夜、斯波家嫡流の武衛家では斯波義健没後、家督相続をめぐる争いが起こった。斯波氏庶流にあたる斯波大野氏からの養子であった斯波義敏と、渋川氏出身の斯波義廉とが家督を巡って争ったのである(武衛騒動)。この家督争いが足利将軍家や畠山氏の家督相続と関係して1467年の応仁の乱を引き起こす原因の1つになる。応仁の乱に際しては義敏も義廉も領国に下ってその一円支配を目指すものの、遠江国を今川氏に、越前国を朝倉氏に奪われて領国の大半を失い、尾張国で義敏の子孫が守護代の織田氏に推戴されて存続するのみとなった。
なお、斯波義廉の子義俊は、室町将軍家の分家である越前の鞍谷公方を継ぎ、形式的な越前国主として朝倉氏に推戴された。
尾張国のみを残すところとなった斯波氏であるが、応仁の乱後にすぐさま織田氏の傀儡となったわけではなく、斯波義寛が室町将軍による六角征伐へ織田氏を従えて参陣していることや、斯波義達が遠江国奪還のための出陣を繰り返すなど、依然、守護としての威令は保っていたようである。しかし義達が今川氏親に敗れ遠江国奪還に失敗し、斯波義統が年少で当主となると、以後は織田氏の力が更に強まり、守護である斯波氏を完全に凌駕するようになる。

                                                           
武衛家の滅亡                                                  

斯波氏は1554年、ついに斯波義統が守護代の織田信友に殺される事件が起こる。嫡子の斯波義銀は織田信長を頼った。信長にとって信友は本家であると同時に主君筋であった。しかし、信友が守護である斯波氏を討った、すなわち、守護への反逆をおこなったため、信長はこれを口実に信友を滅ぼすことに成功した。さらに信長は諸国の目を欺くため、一時、隠居し所領のすべてを斯波氏に返上した形をとり、吉良氏、今川氏との同盟を結んだ。
この時のエピソードとして、斯波氏が吉良氏と同盟する折、信長は義銀に随従し、同盟相手である吉良義昭への会見に臨んだが、席次をめぐって対立を起こしたという。吉良氏は「足利将軍家が滅んだ後は吉良氏が将軍職に」と定められた将軍継承権を有する家であったが、斯波氏も鎌倉時代以降、足利の名字を有し続け、幕府にて高い格式を誇り、引け目はないと主張したのである。ともあれ、いさかいを起こしながらも、一応同盟を結んだ両家は次第にともに共謀して反信長に結束することになる。
1561年に義銀は吉良義昭や、斯波氏の一族で幕府の重鎮の家柄であった石橋殿を味方に引き入れ、信長討伐の陰謀を図るものの、未然に発覚して追放された。これによって斯波氏は事実上滅亡した。その後、義銀は信長の下に戻って津川義近と改名し、子孫は熊本藩士として存続。また、義銀の子を名乗る津田義忠を始祖とする津田氏は加賀藩にて一万石を領し津田姓を名乗って代々家老職を勤め、維新後に斯波姓に復して男爵に叙された。
義銀の次弟は毛利秀頼として織田信長に仕え、三弟は津川義冬として信長の次男 織田信雄に仕えた。しかし、いずれも後に改易され、近世大名はおろか高家として武衛家が復活することはなかった。

                                                           
奥州斯波氏                                                    

奥州斯波氏(おうしゅうしばし)は奥州に定着した斯波氏の庶流をいう。高水寺斯波氏、大崎氏、最上氏、石橋氏、黒川氏、天童氏(元々は里見系、斯波家兼の系統)などがある。

                                                           
大崎氏                                                      

そもそも斯波氏の名乗りの起源は陸奥国斯波郡とされており、奥州は斯波氏にとっては本貫である。南北朝時代には斯波家長、ついで斯波家兼が「奥州総大将」として奥羽での軍事指揮権を有した。その後、奥州総大将は軍事指揮権だけでなく、検断・沙汰の権限、管国内の知行安堵、恩賞などの推挙権を持つ奥州管領に格上げされる。観応の擾乱期には畠山国氏、吉良貞家らが任ぜられたが、斯波家兼の子孫である奥州斯波家がやがて就任し、世襲する。
奥羽は南北朝期から、郡ごとに有力国人に軍事指揮権や検断権など強い権限を与えた「分郡」とも呼ばれる独自の制度があり、非常に有力国人の力が強く、奥州管領の奥州斯波家も大崎地方を分郡として引きこもる傾向が強くなり、大崎氏と呼ばれるようになる。一時奥羽は鎌倉府管内に編入されるが、奥州探題職が作られた後は、大崎氏が代々探題に就任する。探題は管領と同じ権限を持ったと思われるが、のちに奥州の有力国人は将軍家と直接主従関係を結ぶ「京都扶持衆」となり、奥州南半には篠川御所・稲村御所など鎌倉公方の分家が入府し、勢力を持っていたため、奥州管領時代のような威勢は無くなった。 徐々に衰退していた大崎氏は、急速に勢力を拡大する伊達稙宗の圧力をまともに受けることとなった。大崎義直は家中の騒乱を自力で鎮圧できず、稙宗の支援を受けて鎮圧したが、稙宗の子・義宣を養子として送り込まれ従属した。天文の乱に乗じて義宣を排除して伊達氏への吸収合併は免れたものの、従属関係からの脱却には至らなかった。大崎義隆の代には同族の最上義光・黒川晴氏の支援を受けて伊達政宗の侵攻を退けたこともあったが(大崎合戦)、小田原の役に参陣しなかったため豊臣秀吉に改易された。子孫は最上氏に仕えた。

                                                           
最上氏                                                      

奥州探題が設置されたのとほぼ同時期、出羽にも羽州探題が設立され、斯波奥州家の分流の出羽斯波家が探題を世襲する。この一族が最上氏である。
最上氏もやがて伊達氏の傘下に組み込まれ傀儡化されたが、次第に独立を果たし、最上義光の時に出羽に領国を広げ、庄内地方をめぐり上杉氏と激しく抗争した。その後、関白豊臣秀吉の小田原の役に参陣し20万石の大名として所領を安堵される。豊臣秀吉の死後は、徳川家康率いる東軍に加わり、西軍の上杉景勝から攻撃され、窮地に立たされた。しかし関ヶ原での西軍敗北の報が届くと上杉軍は撤退し、庄内地方の奪取にも成功。この功により、最上家は58万石の大大名に列せられた。しかし、孫の最上義俊の代に御家騒動が起こり、江戸幕府の命により改易とされ、大名としての最上氏は滅亡した。
義俊は改めて近江国に一万石を与えられたが、義俊の死後、子の義智が幼少であったため5000石に減ぜられ、子孫は交代寄合として続いた。義俊の叔父で御家騒動の原因でもあった山野辺義忠は徳川頼房に取り立てられ、子孫は水戸藩家老の山野辺家として続いた。

                                                           
高水寺斯波氏                                                    

高水寺城を拠点に栄えた斯波氏(奥州斯波御所家)の一族は斯波家長の直系子孫。一応、『続群書類従』には簡易な系図が挙げられているものの裏付となる資料も乏しく、系図は必ずしもはっきりしていない。高水寺斯波氏は、名族であることから「斯波御所」「奥の斯波殿」と尊称され、書札礼でも大崎氏と同格であった。永享7年(1435年)に発生した和賀・稗貫の乱では大崎氏の職務代行者として北奥の諸氏を指揮している。斯波詮高の代には岩手郡滴石(岩手県雫石町)の戸沢氏を攻略し、角館へ退去させるなど積極的な拡大も見られた。詮高は庶子を新領に配置し、それらは居館の地名から「滴石御所」、「猪去御所」と呼ばれる。
また、和賀氏や阿曽沼氏庶流鱒沢氏、九戸氏らと婚姻関係や養子縁組を積極的に行い、大いに威をはった。詮高の死後には南部氏の圧力が増し、斯波詮直のときに入婿していた九戸政実の弟中野直康が南部氏に寝返り、岩清水義教や大萱生秀重を諜略した。1586年、南部氏に内通した家臣岩清水義教を攻めたことから南部信直の侵攻を受けた。詮直は領内に動員令を発したが、多くの家臣は離反し南部軍に投降するか屋敷に篭り、高水寺城に駆けつけたのは義教の兄岩清水義長、家老細川長門守、稲藤大炊助など少数だった。詮直は高水寺城を放棄して大崎氏のもとへ逃亡。岩清水義長は高水寺城で戦死する。斯波詮直はその後諸国を放浪し、その子孫は南部氏に仕えたとも、二条家に仕えたともされている。
なお、続群書類従の『奥州斯波系図』では詮直の子、詮国の次男、斯波義眞は水戸徳川家家臣になったものの乱心で死去したとする。

                                                           
その他の諸家                                                    
大野斯波氏                                                    

斯波高経の5男斯波義種が越前大野郡を領したことに始まる家。義種は小侍所の頭人に任じられるなど幕府の中枢で活躍し、また若狭、加賀の各守護にも補任される有力な大名であったが、義種の後を継いだ満種が1414年に将軍足利義持の怒りを買って高野山に蟄居させられると、加賀守護の座を失った。満種の子持種は越前守護代の甲斐氏と対立を重ね、やがて武衛家の後嗣として持種の子義敏が入ると長禄合戦へと発展した。
大野斯波氏からは満種の子氏種から奥田氏が分かれ、戦国期に堀氏を称するようになり江戸時代に村松藩主となった。また後に徳島藩主となる蜂須賀氏は持種の子正種の後裔を称していた。

                                                           
斯波氏歴代                                                    
武衛家(尾張足利家)                                                

太字は室町幕府管領またはそれに準じた者

  1. 斯波家氏(足利家氏)
    • 広沢義利(斯波家氏の庶子、広沢氏を称す)
      • 吉田義博(広沢義利の子、吉田氏を称す)
        • 石橋和義(吉田義博の子、石橋氏の祖)
  2. 斯波宗家(足利宗家)
  3. 斯波宗氏(足利宗氏、家貞)
    • 斯波家兼(斯波宗氏の子、大崎氏の祖)
      • 斯波兼頼(斯波家兼の次男、最上氏の祖)
  4. 斯波高経(足利高経)
    • 斯波家長(斯波高経の長男、関東執事、高水寺斯波氏の祖)
    • 斯波氏経(斯波高経の次男、九州探題、末野氏の祖)
    • 斯波氏頼(斯波高経の3男)
    • 斯波義種(斯波高経の5男、小侍所、侍所頭人、大野斯波氏の祖)
  5. 斯波義将
  6. 斯波義重(義教)
    • 斯波持有(斯波義重の子)
  7. 斯波義淳
    • 斯波義豊(斯波義淳の子、早世)
  8. 斯波義郷
  9. 斯波義健
  10. 斯波義敏(斯波持種の子)
  11. 斯波義廉(渋川義鏡の子)
    • 斯波義俊(斯波義廉の子、足利義俊。鞍谷公方を継いだとされる)
  12. 斯波義寛(義良)
  13. 斯波義達(義逵、義敦)
  14. 斯波義統(義元)
    • 毛利秀頼(斯波義統の子、信濃飯田城主)
    • 津川義冬(斯波義統の子、伊勢松ヶ島城主、織田信雄家老)
  15. 斯波義銀(義近)
                                                           
高水寺斯波家                                                    
  1. 斯波家長
  2. 斯波詮経
  3. 斯波詮将
  4. 斯波詮教
  5. 斯波詮勝
  6. 斯波詮重
  7. 斯波詮高
    • 斯波詮貞(雫石御所)
    • 斯波詮義(猪去御所)
  8. 斯波経詮
  9. 斯波詮真
  10. 斯波詮直
                                                           
大野斯波家                                                      
  1. 斯波義種
  2. 斯波満種
  3. 斯波持種
    • 斯波義敏(武衛家を継ぐ)
  4. 斯波義孝
  5. 斯波義縁
  6. 斯波義信
                                                           
系譜                                                    
                                                           
            足利泰氏                                            
                                                           
                                                           
            家氏                           渋川義顕          
                                                           
                                                           
            宗家                広沢義利       義春            
                                                           
                                                           
            宗氏                吉田義博       貞頼            
                                                           
                                                          
            高経         家兼   石橋和義       義季            
                                                           
                                                           
家長 氏経 氏頼 義将     義種 直持 兼頼             直頼            
                                                           
                                                           
詮経 義高     義重     満種                     義行            
                                                           
                                                           
詮将     義淳 義郷 特有 持種                     満頼            
                                                           
                                                           
詮教     義豊 義健     義敏         義孝         義俊            
                                                           
                                                           
詮勝 郷長             義寛 寛元 義雄 義縁 義信 正種 義鏡            
                                                           
                                                           
詮重 久義             義達     義虎             義廉            
                                                           
                                                           
詮高                 義統                     義俊            
                                                           
                                                           
経詮 詮貞 詮義         義銀 秀頼 義冬                            
                                                           
                                                           
詮真                                                        
                                                           
                                                           
詮直                                                        
                                                           
                                                           
詮国                                                        
                                                           
                                                           
行詮                                                        
                                                           
斯波氏主要家臣団                                                  
  • 甲斐氏
    • 甲斐教光
    • 甲斐教将
    • 甲斐将久
    • 甲斐敏光
  • 織田氏
    • 織田将広
    • 織田郷広
    • 織田敏広
    • 織田敏定
    • 織田敏信
    • 織田良信
    • 織田寛広
    • 織田寛定
    • 織田寛村
    • 織田達定
    • 織田達勝
    • 織田信定
  • 朝倉氏
    • 朝倉広景
    • 朝倉高景
    • 朝倉氏景
    • 朝倉貞景
    • 朝倉教景
    • 朝倉家景
    • 朝倉孝景
  • 二宮氏
    • 二宮氏泰
    • 二宮種氏
    • 二宮種泰
    • 二宮将監
  • 堀江氏
    • 堀江利真
奥州斯波主要家臣団                                              
  • 雫石久詮
  • 猪去久道
  • 岩清水義長
  • 細川長門守
  • 稲藤大炊助
  • 工藤茂道
  • 太田主秀広
  • 大萱生秀重
  • 川村右近秀久(大萱生秀重二男)
  • 江柄兵部少輔
  • 川村秀久
  • 江柄次昌(川村秀久子)
  • 手代森秀親
  • 中村作右衛門
  • 栃内秀綱
  • 簗田詮泰
  • 星川左馬助
  • 岩清水義教
  • 清水善七郎
  • 乙部義説
  • 大釜政幸
  • 多田忠綱
  • 達曽部清綱(多田忠綱子)
  • 氏家義方
  • 長岡詮尹
  • 玉井庄兵衛
  • 宮手英清
  • 飯岡祐貫
  • 中島安将
  • 小屋敷義長
                                                           
関連項目                                                        
  • 管領
  • 守護大名
  • 室町幕府
  • 足利氏
  • 石橋氏
  • 大崎氏
  • 最上氏
  • 鞍谷氏
  • 蜂須賀氏 (末裔を称した)
  • 柴田氏 (末裔を称した)
  • 織田氏
  • 朝倉氏
  • 甲斐氏
  • 斯波蕃 (義銀の末裔・男爵)