実年者は、今どきの若い者などということを絶対に言うな。なぜなら、われわれ実年者が若かった時に同じことを言われたはずだ。今どきの若者は全くしょうがない、年長者に対して礼儀を知らぬ道で会っても挨拶もしない、いったい日本はどうなるのだ、などと言われたものだ。その若者が、こうして年を取ったまでだ。だから、実年者は若者が何をしたか、などと言うな。何ができるか、とその可能性を発見してやってくれ。   山本五十六

FrontPage

キ61 三式戦闘機 飛燕

三式戦闘機(さんしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。試作名称(機体計画番号。キ番号)はキ61。愛称は飛燕(ひえん)。呼称・略称は三式戦、ロクイチ。連合軍のコードネームはTony(トニー)。開発・製造は川崎航空機。設計主務者は土井武夫。

  • ドゥーリットル爆撃隊の本土初空襲の際、偶然飛行していた本機は見慣れぬシルエットゆえに敵機と誤認され、日本海軍機から攻撃を受けた。逆に、大戦末期にB-29爆撃機の護衛にP-51戦闘機が初めて飛来した際、これをシルエットが似ている本機と誤認して不用意に接近し、撃墜された日本戦闘機が少なからずあったとも言われる。
  • 1945年(昭和20年)2月17日、二型で試験飛行を行っていた航空審査部の荒蒔義次少佐が、グラマンF6Fと遭遇し空中戦を行った。急降下を行った際、遷音速時に発生する様な現象を体感したと証言している。基地に帰還した後に確認すると、速度計の針が振り切れ破損していた事が確認された。この速度計は時速1,000kmまで計測できるものであったが、それが破損していた事から推測すると一時的に時速1000kmを超えていたと推察されるが、機体には異常は無く、速度計以外に故障した部分はなかった。機体の堅牢性、優れた急降下性能がうかがい知れるエピソードとされる。
  • P-38のパイロットからは、一式戦よりは幾分速いがP-38ほどではなく、むしろ一式戦ほどの運動性を持たないために組みし易いと評価される一方、降下速度が速く、上空からの攻撃を受けたり、下方離脱で取り逃がすことがあったとの証言もある

実は・・ここ登録無料で被リンクを増やせるサイトなんです

  • 業者さんごめんなさいもう被リンクにはお金はかかりません
  • メール登録不要!個人情報不要あなたのサイトURLとサイト名だけ
  • 登録後に大日本帝国リンクの各サイトにアクセスして見てください勝手にあなたのサイトが登録されています
  • 一回の登録で大量にリンクを受けることが出来ます。
  • 大日本帝国リンクは現在増殖中です そちらからも登録の前後に関わらず勝手にリンクを受けることが出来る為SEO対策にもなります
  • もう面倒な相互リンク申請は必要なくなりました一度の申請で10サイト以上(今後も増殖していく)の被リンクを受け取れます。
  • 相互リンクを基本としてますので礼儀として コチラもTOPページ相互リンクをお返しします。

a:2950 t:1 y:0

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional